BLOGブログ

スタッフのお茶の間2016.12.10 社員旅行in台湾

皆様こんにちは!

12/6~12/8に、社員旅行で台湾に行って参りました。

今回、幹事の一人としてお手伝いさせて頂いた加藤がレポートをしようと思います!今回記事にするのは・・・

最近、大ヒットと言われている映画「君の名は。」の興行収入の比較として話題にでることも多い、宮崎駿監督の「千と千尋の神

・・・の舞台になったのでは?と噂されている九份です。私も何度もみた映画で、実は今回一番楽しみにしていた観光地です。

生憎、小雨が降り出してしまう天気となりましたが、満喫してきました。

九份とは・・・昔は鉱山があり、金の採掘で発展した土地だそうです。鉱脈が尽き閉山し、山も街も廃れてしまいましたがその後、九份をロケ地とした台湾の映画のおかげで再び脚光を浴びるようになりました。

今は多くの観光客が訪れ、所狭しと店が並び、熱気に満ちた賑やかな雰囲気でした。

観光した時間は午前中。夜の明りの灯ったノスタルジックな雰囲気を味わうことはできませんでしたが、カフェのような阿妹茶酒館(あめおちゃ)にて一時休憩。

121 - コピー

まさにこの阿妹茶酒館が千と千尋の世界に引き込まれそうな外観をしています。

怪しげなお面もかかっていて、あのキャラクターを想像してしまいます。

店員さんからはお茶の淹れ方を教えてもらい、2回目からは自分たちで淹れて楽しむことが出来ます。まずは容器を温めるため豪快にお湯をかけていました。

 

 

IMG_3955内装も、日本のような、中国のような不思議な空間が漂っていました。もともとは家具を作る工場だったとか・・・。

座ることのできたテラス席からは海が見えます。(小雨だったのが悔しいところです。)

きっと夕暮れ時には沢山の提灯が目立ち、「トンネルのむこうは、不思議の町でした」にふさわしい景色が広がるはずです。

皆さんも、台湾に行ったときはぜひ訪れてみて下さいね。九份独特の、レトロな雰囲気がとても素敵です。

今年も残すところあと少し、台湾でチャージしてきた元気を使い、社員一同頑張りたいと思います!