「耐震リフォーム」の3つの特長

  • point.01綿密な耐震診断から
    はじまるご提案。

    まずは、今の住まいを「耐震診断」。現地調査の上、綿密な診断結果をもとに、効率的な耐震補強計画をご提案します。改良後の数値も提示しますので、リフォーム後の効果をあらかじめ確認していただけます。

  • point.02大きな揺れに耐え得る
    構造を実現可能。

    全国約1,000社の組合員から、耐震診断および耐震補強に関するノウハウを集約するリフォーム団体「木耐協」に加盟。社内の一級建築士を中心に、常に耐震技術の向上に取り組み、大きな揺れに対しても倒壊しない住まいづくりを追求しています。

  • point.03他のリフォームと併せて。

    耐震リフォームの工事対象箇所には、多くの場合、壁や床が含まれます。耐震性を補強するだけでなく、より心地いい住まいをつくり上げられるよう、クロスやフローリングといったインテリアのリフォームも併せてご提案することも可能です。

耐震リフォームの施工事例を見る

こんな声にもお応えします!

「耐震リフォーム」の工法の一部をご紹介します。

  • ホールダウン金物

    ホールダウン金物とは、室内からも施工が可能な基礎直結型の補強金物のこと。ビス施工の金物にはない大きな耐力で、地震に対する安全性を高めます。

  • 耐震用パネル補強

    住まい自体の強度を高めるため、外周の柱の周りを耐震用パネルで補強します。これにより均一で安定した性能となり、構造躯体の耐久性にも大きく寄与します。

  • エポキシ充填

    ひび割れたコンクリートの箇所に、優れた接着性・耐薬品性・耐熱性を誇る「エポキシ樹脂」を注入。建物に本来の強度を取り戻します。

  • 補強金物

    柱と土台、横架材を接合する補強金物を使用し、木造住宅の構造をさらに強固なものにします。耐久性・耐食性に優れ、効果を長く発揮できるところも特長です。

耐震補強リフォーム事例

配置バランスに配慮しながら「耐震用補強パネル」を施工し、壁量を増加して充分な耐震性を確保。また、1階の隅柱をはじめとする要所に「ホールダウン金物」を施工し、揺れによる引き抜きに対する耐性を強化しました。劣化部分も合わせて改修することで、高効率に耐震性を向上させました。

「安心リフォーム」のラインアップ

耐震リフォームの施工事例を見る